FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.03.14 *Sat

マキシマムザホルモン ぶっ生き返す

またまたマキシマム・ザ・ホルモンです!
ぶっ生き返す――この言葉をどんなフレーズとして歌いきっているかに注目!!


すごいっすよね~
リスペクト!!!

この曲では、なおさんのボーカル部分がすごい好きです。

あと最初のPV中のヘッドバンキングもおもしろいし・・・・

あと、今回のPVはストーリー仕立てで魅力的ですww

以下にウィキからの引用でプロフィール載せますね~

マキシマムザホルモン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
マキシマム ザ ホルモン
基本情報
別名 ホルモン
出身地 日本 東京都八王子市
ジャンル ミクスチャー・ロック
活動期間 1998年 -
レーベル ミミカジル
事務所 バップ
公式サイト マキシマムザホルモン
メンバー
マキシマムザ亮君 (ボーカル、ギター)
ダイスケはん (ボーカル)
上ちゃん (ベース)
ナヲ (ドラムス、ボーカル)
旧メンバー
SUGI (ギター)
KEY (ベース)
表・話・編・歴
マキシマム ザ ホルモン(Maximum the Hormone)は、1998年に東京都八王子市にて結成された日本のロックバンド。略称として「ホルモン」が用いられる。

目次 [非表示]
1 メンバー
1.1 旧メンバー(初期メンバー)
2 概要
3 来歴
4 ディスコグラフィー
4.1 シングル
4.2 アルバム
4.3 DVD
4.4 バンドスコア
4.5 参加作品
5 出演
5.1 テレビ
5.2 ラジオ
6 交友関係
7 関連項目
8 脚注
9 外部リンク



メンバー [編集]
マキシマムザ亮君 (マキシマムザりょうくん、旧表記: 亮君(りょうくん)、本名: 川北 亮(かわきた りょう)、英語表記: Maximum the ryokun(〜Ryo-kun)、1978年12月13日 - )

ギター・ボーカル担当。公式プロフィールの表記は歌と六弦と弟。血液型はメンバー内で唯一のO型。他のメンバーからは、亮、亮君、りょっくんなどと呼ばれる。ほとんどの楽曲の作詞作曲を担う(作詞については、ダイスケはんとの共作も見られる)。他に曲の解説や、イラストなども描いている。ドラムのナヲの実弟。現在名前は「マキシマムザ亮君」だが、アルバム「耳噛じる」からの名前であり、このアルバム前の楽曲のクレジットなどは「亮君」名義である。靴を履く事を嫌い常に靴下にサンダル(いわゆる「便所サンダル」)を履いている。ちなみにサンダルのブランドにもこだわりがあり、本人は「VIC」というブランドのサンダルしか履かないと話している[1](株式会社ニシベケミカル製のダンヒルという製品名の便所サンダルだと思われる。製品には、かかとのあたりにVICのロゴが入っている)。精神的にデリケートであるため「少しでも勝手なことを言われるとご飯を2杯までしかおかわり出来なくなるくらいへこんでしまう」という理由で2ちゃんねるは数年前から見ていないという(公式サイト『今日の亮君』(2007年2月1日)参照)。またWikipediaに曲の由来や自分のコメントを載せられることを度々、『今日の亮君』でネタにすることがある。ちなみに、マキシマムザ亮君の「君」は、「○○くん」(敬称)などというときのものではなく、「暴君」の「君」である。性格は非常にシャイである。歌詞カードの解説やライブといった隅々まで見聞きして欲しく、そのため音楽の違法アップロード等を非常に嫌う。普段は眼鏡を使用している。本人曰く「音楽はぶちかますもの」である。

ダイスケはん (旧表記: DAISUKE、ダイスケ(後述) 本名: 津田 大輔(つだ だいすけ)、英語表記: Daisuke(-)han、1977年9月13日 - )

ボーカル(・ドラム)担当。公式プロフィールの表記はキャーキャーうるさい方(ほう)。血液型はA型。他のメンバーからは、ダイスケはん、ダイちゃん、大ちゃん、光枝の子ども(息子)などと呼ばれる。旧メンバー時(A.S.A. Crew)は「DAISUKE」と名乗っていた。またブルペン キャッチャーズ ドリームのCDでは「ダイスケ」と表記されている。主に高音シャウトとデス声を担う。スタイルに関してはパンテラのフィル・アンセルモの影響を公言[2]。アルバム『耳噛じる』収録の「パトカー燃やす」と「ポリスマンファック」では、ドラムを演奏している(「ポリスマンファック」はナヲがボーカルを担当しているため)。お笑い芸人のダイノジやトータルテンボスらと仲がよい。創価大学卒業。 普段は眼鏡を使用している。VOWファンであり、VOW20にコメントを寄稿している。ナヲと2人で「メディア班」と呼ばれ、ラジオやテレビなどのメディアへの出演 ライブなどのMCなども主に2人である。2008年10月24日、声帯にのう胞があることが発表され[1]12月11日に摘出手術が終わった事が発表された。

上ちゃん (うえちゃん、本名: 上原 太(うえはら ふとし)、英語表記: Ue(-)chan、1980年4月15日 - )

ベース担当(一部ボーカルも担当)。公式プロフィールの表記は四弦。血液型はA型。他のメンバーからは、上ちゃん、上原、太などと呼ばれる。レッド・ホット・チリ・ペッパーズの熱狂的なファンで、そのメンバー全員に敬意を表し、同じ柄のタトゥーを入れている。特に同じベース担当のフリーを敬愛し、彼同様チョッパー奏法を駆使して演奏する。駿河台大学卒業。介護福祉士の資格を保有。ライブでは基本的に上半身裸&裸足だが、前日にタトゥーを入れたためTシャツ姿でライブに出たこともある。おっとりした性格のためか、イジられ役が多い。

ナヲ (本名: 熊本 奈緒(くまもと なお)、旧姓: 川北(かわきた)、英語表記: Nawo(Naoという表記も見られる)、1975年12月16日 - )

ドラムス・ボーカル担当。公式プロフィールの表記はドラムと女声(おんなごえ)と姉。血液型はA型。グループ最年長。相模女子大学短期大学部出身。マキシマムザ亮君の実姉で主にライブではMCを担当。ライブのラストで必ず客に強制参加させる「恋のおまじない」の説明も彼女の担当。メンバー内で女性メンバーはナヲのみであるため、彼女が中心に歌う曲も多い。ダイスケはんと2人で「メディア班」と呼ばれ、ラジオやテレビなどのメディアへの出演 ライブなどのMCなども主に2人である。普段は眼鏡を使用している。2008年12月16日、ブログで、結婚と入籍を発表。


旧メンバー(初期メンバー) [編集]
「MAXIMUM THE HORMONE(Maximum the Hormone)」初期メンバーは、ダイスケはんとナヲの他に2人いた。

SUGI(本名
杉浦秀夫)
ギター担当。
KEY(本名
吉河喜一郎)
ベース担当。
また、このメンバー時、マキシマムザ亮君と上ちゃんはメンバーではなかった。初期メンバーでの公式作品は「A.S.A. CREW」。


概要 [編集]
マキシマムザホルモンのファンは腹ペコ・満腹(どちらもはらぺこと読む)と呼ばれる。[3]。
正式な略称は「ホルモン」であるが一部からは「マキホル」「マキシム」「マキシ」「マキモン」「マキシマム」など異なった略称で呼ばれている。これについてはマキシマムザ亮君が「ホルモン」以外は変な呼び方だと説明している。
バンド名の由来とされる「脳内分泌物(ホルモン)が最大級(マキシマム)に分泌されるくらいの音楽をぶちかますっっ!!!」というのは後付であって、実際はメンバーが肉好きだったため焼き肉の「ホルモン」の名前を入れ、そこに更にバンドらしさを加えていった結果の名称である[1]。当初は「Maximum The Hormone」と英語表記であったが、メンバーチェンジ後は現在のカタカナ表記となった(ただしカタカナ表記以降も英語表記が使用されることがある)。
1stアルバム『耳噛じる』より、曲ごとにマキシマムザ亮君による曲解説がついている。
演奏の特徴として、メンバーが演奏中にヘッドバンギングをする場合が多い。
リリースアイテムの価格が語呂合わせになっているものがある(2564円→「ぶっ殺し」価格、2259円「夫婦で号泣」、1193円→「いい草」価格、1129円→「いい肉」価格、1157円→「いい粉」、3840円→「サバ塩」、4890円→「シャクレ」価格など)。

来歴 [編集]
地元関東を中心に活動中、インディーズレーベルSkyRecordと契約。1stアルバム『A.S.A. Crew』をリリースした。この頃は曲タイトル・歌詞のほとんどが英語であった。メインソングライターはDAISUKE(現ダイスケはん)であった。その後、ギターのSUGIとベースのKEYが脱退し、亮君(現マキシマムザ亮君)と上ちゃんが加入して現在のメンバー構成になる。

2000年8月にはフリーウィル傘下のNEW HORIZONよりシングル『ブルペン キャッチャーズ ドリーム』、翌2001年にミニアルバム『鳳』(ほう)をリリース。続くシングル『肉コップ』からの音源は、日本テレビ音楽株式会社内に設立されたインディーズレーベル「ミミカジル」より発表。2002年秋、ジャケットのイラストに漫画家の漫☆画太郎を起用したアルバム『耳噛じる』をリリース。

2003年にアニメ化された「エアマスター」のエンディングテーマに「ROLLING1000tOON」(シングル『延髄突き割る』に収録)が使用される(プレイステーション2ソフト&アーケード「GuitarFreaks&DrumManiaV2」にも収録)。当初「ROLLING1000tOON」は「延髄突き割る」というタイトルで収録予定だったが、番組の制作サイドであったバップ(後にメジャー移籍元となる)から「視聴者に怖い印象を与える恐れがある」と却下された。その後「深夜にアニメなんか見てないでさっさと寝ろ!」というタイトルを発案したがこれも2秒で却下され[4]、現在のタイトルとなった。

2004年、3rdフルアルバム『糞盤』をリリース後にメジャーレーベルのVAPと契約。メジャー第1弾シングルとして『ロック番狂わせ/ミノレバ☆ロック』をリリースし、次いでシングルの『包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ/霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔』をリリースし、メジャーでの1stフルアルバム『ロッキンポ殺し』をリリース。その後行った「ロッキンポ殺しツアー」では、全国47都道府県を制覇。

2005年10月からbayfmよりラジオ番組「マキシマムザホルモンの『麺かたコッテリ!!』」がスタート。

2005年10月から2006年3月まで放映された、アニメ『闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜』のエンディングテーマにタイアップ曲の「アカギ」(シングル『ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ』に収録』)が起用。2度目のアニメタイアップとなった。収録シングルのタイトルは、「アカギ」の原作者である福本伸行が(他の作品も含め)作中で多用する心理的なざわめきの擬音表現から取られている。

2006年4月にFM OSAKAの「ミッドナイト☆ジャングル」内のコーナーとして、『マキシマム ザ ホルモンの「肉に撃たれて眠りたい」』がスタート。

2006年4月に、シングルの『肉コップ』が廃盤となった。

2006年、メジャー4枚目のシングル『恋のメガラバ』が発売週のウィークリーオリコンチャートで初登場9位を記録。

2007年に発売されたアルバム『ぶっ生き返す』がオリコンチャート5位を記録。この「ぶっ生き返す」に収録された「絶望ビリー」が「GuitarFreaksV5 Rock To Infinity」、「DrumManiaV5 Rock To Infinity」に収録される。そして、その曲がマキシマムザホルモン初のロング曲での収録となった。

2007年2月から6月まで、「DEATH NOTE」のアニメ主題歌を担当している。3度目のアニメタイアップとなる。オープニングは「What's up, people?!」(シングル『ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ』に収録)、エンディングは「絶望ビリー」(アルバム『ぶっ生き返す』収録曲)。

2007年2月14日に、ラジオ番組の「マキシマムザホルモンの『麺かたコッテリ!!』」に怪奇現象がおきていると東京スポーツに報じられた。[5]

2008年1月より、『マキシマム ザ ホルモンの「肉に撃たれて眠りたい」』がミッドナイト☆ジャングルから独立し、毎週日曜日深夜24:30-25:00のラジオ番組になった。

2008年4月より、『マキシマム ザ ホルモンの「肉に撃たれて眠りたい」』ゴールデンに進出し、土曜日に20:30-21:00になった。

2008年、5月3日、X JAPANのhideの追悼LIVE「hide memorial summit」に出演。その際行われた記者会見にも出席した。

2008年3月、ドロップキック・マーフィーズの前座として初アメリカツアーに出る。

2008年4月、ZEPP東京にてRANCIDの前座を務める。

2008年7月、メジャー5枚目のシングル『爪爪爪/「F」』をリリース。2008年7月21日付のオリコンウィークリーチャートで初登場2位を記録した。これはシングル・アルバムを通して自身最高記録である。

2008年10月27日~11月9日、イギリス・ドイツ・フランス・スペインと自身初の「EURO TOUR」を開催。

2008年10月、ダイスケはんの喉にのう胞ができていることが判明。手術及び予後のリハビリのため、12月から3ヶ月間のLIVE活動休止を発表した。

2008年12月16日ナヲが入籍を自身のブログで発表。自身によるブログ「ナヲちゃんのときめき乙女日記」は入籍を機に最終回を向かえ、別タイトルの「ナヲちゃんのときめき人妻日記」と別ページに移行及び始動した。


ディスコグラフィー [編集]

シングル [編集]
ブルペン キャッチャーズ ドリーム (2000年8月30日)
予算の関係で歌詞が印刷されていない。この作品から現メンバーに。¥1000。
B.B(作詞:ダイスケはん(CDでは「ダイスケ」表記)、亮君・作曲:亮君)
メタルちゃん(作詞・作曲:ダイスケはん(CDでは「ダイスケ」表記))
THE CLAIM OF YOUTH 2000(作詞・作曲:ダイスケはん(CDでは「ダイスケ」表記))
肉コップ (2002年5月29日)
「ミミカジル」からの初リリース。2006年4月のレーベル出荷分をもって廃盤。¥500。
アナル・ウイスキー・ポンセ(作詞・作曲:亮君)
ジョニー鉄パイプ(作詞:ダイスケはん、亮君?・作曲:亮君?)
渚のシンドバッド(ピンクレディーのカバー)
延髄突き割る (2003年9月3日)
ロック番狂わせ/ミノレバ☆ロック (2004年6月23日)
包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ/霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔 (2004年11月25日)
ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ (2005年11月16日)
恋のメガラバ (2006年7月5日)
爪爪爪/「F」 (2008年7月9日)

アルバム [編集]
A.S.A. Crew (1999年8月29日)
初期メンバーによる作品。廃盤。¥1890。
鳳 (2001年2月14日)
ミニアルバム。¥1200。
耳噛じる (2002年10月23日)
このアルバムからジャケットには漫☆画太郎の書き下ろしイラストが使用されている。¥1800。
糞盤 (2004年1月21日)
オリコン最高位64位。¥1800。
ロッキンポ殺し (2005年3月2日)
オリコン最高位26位。¥2259(夫婦で号泣価格)
ぶっ生き返す (2007年3月14日)
オリコン最高位5位。¥2564(ぶっ殺し価格)

DVD [編集]
DVD〜Debu Vs Debu マキシマムザホルモンのDebu Vs Debu(2005年9月15日)
¥3840(サバ塩価格)
「ロッキンポ殺しツアー」の渋谷AXでのライブ映像を中心に収録。オリコン初登場3位。デイリーでは3日間連続で1位を記録。
Deco Vs Deco 〜デコ対デコ〜(2008年3月19日)
「Deco Vs Deco」(2枚)と「Dam Vs Dam」の3枚組。
¥4890(シャクレ価格)
「ぶっ生き返すツアー」のZEPP東京でのライブ映像を中心に収録。バンド初のオリコン1位を獲得した。
「Dam Vs Dam」のジャケットのダムの写真は上部が黒部ダム、下部が早明浦ダムの写真を使用している。

バンドスコア [編集]
ベスト版(2005年2月23日)
¥2625。
収載曲
アナル・ウィスキー・ポンセ
握れっっ!!
アバラ・ボブ
ROLLING1000tOON
恋のスウィート糞メリケン
生理痛は神無月を凍らす気温。
ヘルシー・ボブ
セフィーロ・レディオ・カムバック 〜青春最下位〜
Mrブギータンブリンマン
ロック番狂わせ
ミノレバ☆ロック
WxHxUx〜ワシかてホンマは売れたいんじゃい〜
これらの曲はオフィシャル・ホームページ上でのファン投票による12曲を収載したもの
内容
袋とじ企画!マキシマムザ亮君による描きおろしマンガ『へこみんの事』
メンバーのプライベートを一挙大公開!!『お部屋拝見!!』コーナー
ダイスケはんによる力作!! パラパラマンガ仕様
メンバー直筆特製履歴書によるメンバープロフィール(『解体新書』)。
これからバンドを始める人必見!! ダイスケはん presents『ライブハウスに出るためのエトセトラ』
メンバー直伝!! パート別演奏アドバイス『一音入魂の心得』
ミュージシャン“マキシマム ザ ホルモン”を暴く!! 『CLOSE UP EQUIPMENTS ~機材紹介~』
撮りおろし写真も掲載されている。
ベスト版Ⅱ(2006年6月9日)
¥2626。
収載曲
ロッキンポ殺し
包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ
ニトロBB戦争
falling jimmy
川北猿員
ハイヤニ・スペイン
上原〜FUTOSHI〜
霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔
ロックンロール・チェーンソー
恋のきなこ私にください
What's up, people?!
アカギ
ブラック¥パワーGメンスパイ
皆殺しのメロディ
内容
マキシマムザ亮君による描き下ろしマンガ『へこみんの事』第2弾、『へこみん世代』
メンバー初告白!! 世にも奇妙な体験談『マキシマム ザ ホルモンのホントにあった恐い話』
川北姉弟、伝説の戦い『川北伝説』(顔だけが実写のマンガ)
マキシマムザ亮君 PRESENTS『すべてのギタリストに贈る バンドスコア読譜法』
メンバープロフィール「マキシマム ザ ホルモン解体新書」
ダイスケはんによる力作!! 『パラパラマンガ仕様』
メンバー直伝!! パート別演奏アドバイス『一音入魂の心得』   他
ベスト版Ⅲ(2008年1月11日)
¥2940。
収載曲
ぶっ生き返す!!
絶望ビリー
糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー
ルイジアナ・ボブ
ポリスマンベンツ
恐喝〜Kyokatsu〜
ビキニ・スポーツ・ポンチン
チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロン ヌルル レロレロ
シミ
恋のメガラバ
人間エンピ
ロッキン・アグリーモーション
ジョニー陰部LIFE
内容
メンバーの最新ファッションをcheck it out!!『必見!解体新書 2008年度版』
マキシマムザ亮君による描き下ろしマンガ へこみんの事 最新作『へこみん狩り』
メンバーにもこんな時代があった『あの頃僕らは若かった~今だから語れるアルバイト体験談~』
上原ママ全面協力!!『上ちゃんの髪型レシピ~上ちゃんの髪型ができるまで~』
えっ!! ライブでのこんな裏技が!? マイク防唾防汗加工方法伝授『ダイスケはん、マイク濡れすぎです!』
ロックやる前にこれを読め!!メンバーのオススメマンガを一挙紹介『マキシマムザ亮君の漫画のススメ』
ダイスケはんによる力作!『パラパラマンガ仕様』  他
特別付録
ホルモンからのお年玉!!『マキシマム ザ ホルモン ロゴステッカー』付
嫌な『シミ』付

参加作品 [編集]
オムニバス「PUNKER SHOT(3)」(2001年12月12日)
DISC1-12.マキシマム・ザ・21世紀
オムニバス「LOUD-HYBRID SAM」(2003年3月15日)
11. メタルちゃん
サントラ「エアマスター オリジナル・サウンドトラック」(2003年7月24日)
26. ROLLING1000tOON(TV size)
locofrank「ripple」(2004年6月2日)
ナヲがコーラスとして参加
オムニバス「STREET ROCK FILE THE BEST 2」(2004年7月22日)
14. セフィーロ・レディオ・カムバック 〜青春最下位〜
オムニバス「TOYOTA BIG AIR 10th Anniversary」(2005年12月21日)
6. 包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ
サントラ「闘牌伝説アカギ オリジナル・サウンドトラック」(2006年1月25日)
34. アカギ(TV size)
10-FEET「OVERCOME」(2006年6月14日)
3. ビタミン7(10-FEET&マキシマム ザ ホルモン)
サントラ「DEATH NOTE オリジナル・サウンドトラックⅡ」
29. What's up, people?!(TV size)
30. 絶望ビリー(TV size)
WAGDUG FUTURISTIC UNITY「HAKAI」(2008年7月23日)
3. SYSTEMATIC PEOPLE featuring マキシマムザ亮君

出演 [編集]

テレビ [編集]
タモリ倶楽部(テレビ朝日系列)※ダイスケはん、ナヲのみ (2008年9月5日、2009年1月9日、2月8日)
ミュージックステーション(テレビ朝日系列) ※ライブ映像のみ(2008年9月5日)
わおーん!(読売テレビ) ※ダイスケはん、ナヲのみ
WORLD RIDE(スペースシャワーTV)※ナヲのみ(番組終了)
MONSTER ROCK(スペースシャワーTV)※ダイスケはんのみ

ラジオ [編集]
マキシマム ザ ホルモンの麺カタこってり!(bayfm、木曜深夜24:30~25:00)bayfmHPでのストリーミング配信あり。2009年3月26日で終了予定。
マキシマム ザ ホルモンの「肉に撃たれて眠りたい」(FM OSAKA、土曜20:30-21:00)podキャストあり。
2007年12月30日の放送を最後にミッドナイト☆ジャングルから独立、2008年1月より毎週日曜日深夜24:30-25:00の番組とし、2008年4月より毎週土曜日に移動。

交友関係 [編集]
アーティスト

RIP SLYME
アンジェラ・アキ
perfume
花団
ピンクリボン軍
THEイナズマ戦隊
ORANGE RANGE
ガガガSP
10-FEET
B-DASH
BEAT CRUSADERS
dustbox
ELLEGARDEN
GOOD 4 NOTHING
MONGOL800
Mr.Children
POLYSICS
サンボマスター
STANCE PUNKS
ストレイテナー
THE BACK HORN
UVERworld
その他

ダイノジ
トータルテンボス
若杉公徳

関連項目 [編集]
VAP
八王子市
DEATH NOTE
闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜
エアマスター
デトロイト・メタル・シティ
ミクスチャーロック
メロイック・サイン
ヘッドバンギング


脚注 [編集]
^ a b 公式サイト内「ホルモンQ&A」より
^ バンドスコア「マキシマムザホルモン ベスト版」ドレミ出版より
^ 公式サイト内「今日の亮君」 2006年11月18日付
^ シングル「延髄突き割る」及びアルバム「ロッキンポ殺し」曲解説より
^ 「ミミカジルスタッフ日記」 2007年2月15日付

外部リンク [編集]
公式サイト
MthFanWebsite
ミミカジル公式サイト
VAP公式サイト
マキシマム ザ ホルモン 公式MySpace
マキシマム ザ ホルモン 公式MySpaceモバイル
bayFM78
マキシマム ザ ホルモンの『肉に撃たれて眠りたい』
Maximum the Hormone at Nippop

ブログ更新の原動力です☆
ぜひポチッとお願いしまーーーす!!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 高校生日記ブログ 男子高校生へ ブログランキング【くつろぐ】
スポンサーサイト
COMMENT : 3  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

偶然ですねΣ(・ω・ノ)ノ!w
ウチ兄妹でホルモンファンなんですよ(*^ー゚)v
「デコVSデコ」「ダムVSダム」がおすすめです♪
2009/03/14(土) 21:19:09 | URL | り #APxs5hpg [Edit
そうなんだ~
意外と隠れホルモンファンって多そう
2009/03/14(土) 23:11:48 | URL | ふぁい #- [Edit
そうですね♪

でも、ホルモンはあんまりブレイクしてほしくない…。
(by兄)
2009/03/15(日) 18:18:36 | URL | り #APxs5hpg [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



フリーエリア



各種ブログランキング

ブログランキングです。ぜひご協力ください。

人気ブログランキングへにほんブログ村 高校生日記ブログ 男子高校生へブログランキング【くつろぐ】













検索フォーム







管理メニュー



FC2カウンター



フリーエリア



Copyright © カルチャールーム All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。