This Category : Aerosmith

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2009.04.08 *Wed

Aerosmith Falling Love


スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.04.07 *Tue

Aerosmith Fly Away From Here


COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.04.06 *Mon

Aerosmith Jaded


COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.04.06 *Mon

Aerosmith Pink


COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2009.04.06 *Mon

Aerosmith I Don't Wanna Miss a Thing


エアロスミス
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(AEROSMITH から転送)
移動: ナビゲーション, 検索
エアロスミス

2003年9月5日のワシントンD.C.公演より
基本情報
出身地 アメリカ合衆国 ボストン
ジャンル ハードロック
ブルースロック
活動期間 1970年 -
レーベル コロムビア・レコード
ゲフィン・レコード
ミュージック・コーポレーション・オブ・アメリカ
ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント
公式サイト Aerosmith's Official Site
(英語)
メンバー
スティーヴン・タイラー
(ボーカル、ブルースハープ、ピアノ)
ジョー・ペリー (リードギター)
トム・ハミルトン (ベース、キーボード)
ブラッド・ウィットフォード (リズムギター)
ジョーイ・クレイマー (ドラムス)
旧メンバー
レイモンド・タバーノ (ギター)
ジミー・クレスポ (ギター)
表・話・編・歴
エアロスミス (Aerosmith) は、マサチューセッツ州ボストン市を拠点に活動するロックバンド。

目次 [非表示]
1 概要
2 メンバー
2.1 現メンバー
2.2 一時在籍メンバー
2.3 メンバーの変遷
3 略歴
4 ディスコグラフィ
4.1 スタジオ・アルバム
4.2 コンピレーション・アルバム
4.3 ライブ・アルバム
4.4 映像作品
5 作品解説
5.1 楽曲
5.2 アルバム作品
6 日本公演
7 その他
8 関連項目
9 外部リンク



概要 [編集]
ヤードバーズをはじめ、1960年代のブリティッシュ・ロックというフィルターを通して、自国の音楽を表現しようとした。

1970年代に第1次黄金時代を築くが、その代償とも言えるドラッグや人間関係の問題で1980年代前半は低迷。全員が麻薬中毒の治療のために更生施設に入院。これは、落ちても這い上がろうとした彼らの執念の表れとして今も語り継がれている。

その後、ロック史にも珍しい復活(1985年)を果たし、商業的には1970年代を上回る第2次黄金期を築いた。

1998年映画「アルマゲドン」のメインテーマを手がけた。同映画のヒロイン女優、リヴ・タイラーは、ボーカルのスティーヴンとベベ・ビュエルの間に産まれた実の娘。

日本では、1970年代後半はキッス、クイーン、チープ・トリックの陰で多少地味な存在であったが、1985年の復活以降は人気バンドとしての地位を確立した。来日回数も多く、1998年には海外アーティスト初の4大ドーム・ツアーを敢行した。

バンド結成当初、ドラマーだったスティーブン・タイラーがヴォーカルとドラムスを兼任するはずだったが、目立たないので兼任をやめ、彼の悪友ジョーイがドラマーとして加入した経緯がある。 尚、バンド名はドラムスのジョーイによる造語。

2001年に『ロックの殿堂』入りを果たす。他にも今まで『ピープル・チョイス・アウォーズ』2回、『ビルボード・ミュージック・アウォーズ』6回、『アメリカンミュージック・アウォーズ』8回、『ボストン・ミュージック・アウォーズ』23回、『MTVビデオ・アウォーズ』12回、『グラミー賞』4回など数々の賞を受賞している。『ローリングストーン誌』、『ヒットパレード誌』でも最優秀ロックバンドに選ばれている。

『MTVアイコン』に選ばれた初のロックバンドでもある。


メンバー [編集]

現メンバー [編集]
スティーヴン・タイラー(Steven Tyler)1948年3月26日ニューヨーク州ヨンカース出身
本名:スティーヴン・ヴィクター・タラリコ(Steven Victor Tallarico) - ボーカル、ブルースハープ、ピアノ
ジョー・ペリー(Joe Perry)1950年9月10日マサチューセッツ州ローレンス出身
本名:アンソニー・ジョセフ・ペリー(Anthony Joseph Perry) - リードギター
ブラッド・ウィットフォード(Brad Whitford)1952年2月23日マサチューセッツ州ウィンチェスター出身
本名:ブラット・アーネスト・ウィットフォード(Brad Arnest Whitford) - リズムギター
トム・ハミルトン(Tom Hamilton)1951年12月31日コロラド州コロラドスプリングス出身
本名:トーマス・ウィリアム・ハミルトン(Thomas William Hamilton) - エレクトリックベース・キーボード・ベース
ジョーイ・クレイマー(Joey Kramer)1950年6月21日ニューヨーク・シティブロンクス出身
本名:ジョセフ・マイケル・クレイマー(Joseph Michael Kramer) - ドラムス

一時在籍メンバー [編集]
レイモンド・タバーノ(Raymond Tabano) - ギター
デビュー前にウィットフォードと交代、バンドロゴ考案者
ジミー・クレスポ(Jimmy Crespo) - ギター
「ナイト・イン・ザ・ラッツ」、「美獣乱舞」参加
リック・ダフェイ(Rick Dufay) - ギター
「美獣乱舞」参加
デイヴィッド・ハル(David Hull ) - ベース
2006年現在、癌治療中のトムに代わって全米ツアーに参加

メンバーの変遷 [編集]
1970 ~ 1971
(デビュー前) スティーヴン・タイラー
ジョー・ペリー
レイモンド・タバーノ
トム・ハミルトン
ジョーイ・クレイマー

1971 ~ 1979
(デビュー当時) スティーヴン・タイラー
ジョー・ペリー
ブラッド・ウィトフォード
トム・ハミルトン
ジョーイ・クレイマー

1979 ~ 1980
(ジョー一時脱退後) スティーヴン・タイラー
ジミー・クレスポ
ブラッド・ウィトフォード
トム・ハミルトン
ジョーイ・クレイマー

1980 ~ 1984
(ブラッド一時脱退後) スティーヴン・タイラー
ジミー・クレスポ
リック・ダフェイ
トム・ハミルトン
ジョーイ・クレイマー

1984 ~ 現在 スティーヴン・タイラー
ジョー・ペリー
ブラッド・ウィトフォード
トム・ハミルトン
ジョーイ・クレイマー



略歴 [編集]
1970年代夏、アメリカ、ニューハンプシャー州サナピー湖のザ・バーンというクラブで演奏していた、ジョー・ペリー (g) とトム・ハミルトン (b) のバンド、ザ・ジャムバンドを見たスティーヴン・タイラー (vo) は彼らと新たにバンド組む事を決意した。スティーブンによると彼らの演奏は最低だったが、エネルギッシュなプレイが最高だったという。

当時、既にバンド『Chain Reaction(チェーン・リアクション)』でプロとしてデビューしていたスティーブンは、同年、このまだ見ぬ架空のバンドのドラムに友人のジョーイ・クレイマーを、そしてもう1人のギタリストに同じく友人だったレイモンド・タバーノを迎えたが、翌年にはレイモンドが脱退し、代わりにバークリー音楽大学を卒業し、複数のバンドでの経験を持っていたブラッド・ウィットフォードを迎える事になる。そしてこの5人が、エアロスミスのオリジナルメンバーである。こうして、兄弟となった5人はボストンの小さなアパートの個室で共同生活をする事になった。エアロスミスというバンド名は、ジョーイが学生時代ノートの隅に書いてあったバンド名の1つであり、空気を意味するAeroと職人を意味するSmithを合わせた造語である。

その彼らは、自分達の音楽観でブリティッシュ・ロックをフィルタリングしてハードロックという形で、アメリカのロック界の発展に大きく寄与したバンドの1つである。1970年代、当時は「ドラッグ、アルコール、セックス」といったイメージが非常に強かった彼らが、1980年代前半の低迷期、その後の第2次黄金期を経て、ゴージャスなロックンロール・バンドへと変貌していった話は有名だ。しかし、そのような山あり谷ありのミュージシャン人生の中で今なお、彼らは自分達のスタイルを確立し続けている。

デビューから30年以上経った今なお、アメリカン・ハードロックの頂点に君臨するエアロスミスだが、彼らはデビューしていきなり大ヒットしたというタイプのバンドではない。むしろ、デビュー当時は評判はあまり良くなかった。マスコミからはローリング・ストーンズやレッド・ツェッペリンのチープなコピーだと非難されていた。事実初期の2枚のアルバムは演奏も録音もアマチュアっぽく、とてもトップクラスのバンドとは比較できないものであった。1stアルバム『野獣生誕 (Aerosmith)』(1973年)は発売当時、ビルボードチャートにチャートインしたものの、数ヶ月掛けてようやく最高166位だった。2ndアルバム『飛べ!エアロスミス』 1974年を発表。根気強くライブをこなし、徐々にブレイクしていく。

ミュージシャンとして徐々に自分達のスタイルを築いてった彼らはついに、3rdアルバム『闇夜のヘヴィ・ロック (Toys In The Attic)』(1975年)と4th『ロックス (Rocks)』(1976年)で人気爆発。スタジアム級のバンドとなる。エアロスミスとしての様式を完全に確立している。これが彼らにとって、初めての黄金期となった。その後のアルバム『ドロー・ザ・ライン (Draw The Line)』(1977年)、そして『ライヴ・ブートレッグ』(1978年)と快進撃は続いた。

しかし、中心メンバーであったジョー・ペリーが中途半端に参加(この後脱退)したアルバム『ナイト・イン・ザ・ラッツ』(1979年)は多くのファンを失望させる出来であった。人気も急落し、低迷期を迎える事になる。そして、2人のギタリストが完全に脱退して、後任のギタリストを迎えて作った『美獣乱舞 (Rock In A Hard Place)』(1982年)は、今日では質の高い作品とされていはいるが、ファンからは不興を買い、商業的にも失敗に終わった。スティーブンの事故による休養もあってバンドの人気はどん底に落ちる。

いつ解散しても不思議ではなかった彼らだが、1984年、オリジナルメンバーで再結成。当初は先行きが危ぶまれたが、新たにゲフィン・レコードと契約した彼らは、MCデュオ、RUN D.M.Cによる『ウォーク・ディス・ウェイ (Walk This Way)』(邦題:お説教)のカバーの全米4位という大ヒットも手伝って、徐々に数年間のブランクを取り戻していった。この時期に出した3枚のアルバムは、ヒット・メイカーとして知られるブルース・フェアバーンがプロデュースをした。『パーマネント・ヴァケイション (Permanent Vacation)』(1987年)、『パンプ (PUMP)』(1989年)といずれもセールス面において成功をおさめ、シングルヒットを連発した。続く作品『ゲット・ア・グリップ (Get A Grip)』(1993年)は完成しかけたマスター・テープを一度全て廃棄して作り直すほど徹底してクオリティーにこだわった作品で、初の全米チャート1位、全米で700万枚、全世界では1200万枚を売り上げる大成功をおさめた。

ブルース・フェアバーン3部作で商業的に大成功した彼らは、古巣コロムビア・レコード(ソニー)復帰し、復帰第1作となる『ナイン・ライブス (Nine Lives)』(1997年)では全米1位を獲得し、映画『アルマゲドン』のメインテーマとなった『ミス・ア・シング(I Don't Want To Miss A Thing)』は全米シングルチャートで1位を獲得している。2001年3月には通算13枚目で全米2位のアルバム『ジャスト・プッシュ・プレイ (Just Push Play)』をリリース、2004年にはブルース・カバーアルバム『ホンキン・オン・ボーボゥ (Honkin' On Bobo)』をリリースした。これに合わせたツアーを境にバンドは無期限休業宣言をするものの、2005年にはライブ・アルバム『ロッキン・ザ・ジョイント (Rockin' The Joint)』、そして2009年現在、彼ら(ベースのトム・ハミルトンは喉の癌のため治療に専念中)は、ニューアルバムの製作に取り掛かっている。

彼らはこの長い経歴の中で2001年のロックの殿堂入りや1998年の洋楽アーティストで初となる4大ドーム制覇などに代表されるような偉業を成し遂げている。現在のアルバムのトータルセールスは全世界で1億5000万枚以上と言われている。


ディスコグラフィ [編集]

スタジオ・アルバム [編集]
1973年 野獣生誕 - Aerosmith 
21位 2Xプラチナム(US)
1974年 飛べ!エアロスミス - Get Your Wings 
74位 3Xプラチナム(US)
1975年 闇夜のヘヴィ・ロック- Toys in the Attic 
11位 8Xプラチナム(US)
1976年 ロックス - Rocks 
3位 4Xプラチナム(US)
1977年 ドロー・ザ・ライン - Draw the Line 
11位 2Xプラチナム(US)
1979年 ナイト・イン・ザ・ラッツ - Night in the Ruts 
14位 プラチナム(US)
1982年 美獣乱舞 - Rock in a Hard Place 
32位 ゴールド(US)
1985年 ダン・ウィズ・ミラーズ - Done with Mirrors 
36位 ゴールド(US)
1987年 パーマネント・ヴァケイション - Permanent Vacation 
11位 5Xプラチナム(US), 37位(UK)
1989年 パンプ- Pump 
5位 7Xプラチナム(US), 3位(UK)
1993年 ゲット・ア・グリップ - Get a Grip 
1位 7Xプラチナム(US), 2位(UK)
1997年 ナイン・ライヴス - Nine Lives 
1位 2Xプラチナム(US), 4位(UK)
2001年 ジャスト・プッシュ・プレイ - Just Push Play 
2位 プラチナム(US), 7位(UK)
2004年 ホンキン・オン・ボーボゥ - Honkin' on Bobo 
5位 ゴールド(US), 28位(UK)

コンピレーション・アルバム [編集]
1980年 グレイテスト・ヒッツ - Aerosmith's Greatest Hits 
53位 11Xプラチナム(US)
1988年 ジェムズ - Gems 
133位 ゴールド(US)
1991年 パンドラの箱 - Pandora's Box 
45位 プラチナム(US)
1994年 パンドラズ・トイズ - Pandora's Toys 
1995年 ビッグ・ワンズ - Big Ones 
6位 4Xプラチナム(US), 7位(UK)
1997年 グレイテスト・ヒッツ1973~1988 - Aerosmith's Greatest Hits 1973~1988
2001年 ヤング・ラスト - Young Lust:The Aerosmith Anthology 
191位 ゴールド(US), 32位(UK)
2002年 アルティメット・ヒッツ - Oh,Yeah!The Ultimate Aerosmith Hits 
4位 2Xプラチナム(US), 6位(UK)
2006年 エアロスミス濃縮極極ベスト - Devils' Got a New Disguise - The Very Best of Aerosmith 
33位(US), 19位(UK)

ライブ・アルバム [編集]
1978年 ライヴ・ブートレッグ - Live! Bootleg 
13位 プラチナム(US)
1986年 ライブ・クラシックス - Classics Live I 
84位 プラチナム(US)
1987年 ライブクラシックス2 - Classics Live II 
ゴールド(US)
1998年 サウス・オブ・サニティ - A Little South of Sanity 
12位 プラチナム(US), 36位(UK)
2005年 ロッキン・ザ・ジョイント - Rockin' the Joint 
24位(US)

映像作品 [編集]
2001年 メイキング・オブ・パンプ - The Making of Pump
2005年 ユー・ガッタ・ムーヴ - You Gotta Move

作品解説 [編集]

楽曲 [編集]
『ウォーク・ディス・ウェイ (WALK THIS WAY)』
1975年発表の第3作目『トイズ・イン・ジ・アティック (Toys in the Attic)』(邦題:闇夜のヘヴィ・ロック)収録。1977年には全米最高位10位を記録している第1次黄金期を代表する曲である。
1986年にはアメリカのMCデュオ、RUN D.M.Cによってカヴァーされ(全米最高位4位)、ゲストとしてスティーヴンとジョーが参加している。この出来事は当時としては相当センセーショナルな事件であり、1979~84年のセールス的低迷からの脱却を印象付けるとともにバンドとしての復活を決定的なものとし、第2次黄金期の完全なる幕開けを飾る結果となった。尚、この曲はラップとしてカヴァーされているが、原曲においてスティーヴンが用いている手法は「語り」と呼ばれるものである。その例として『イート・ザ・リッチ (Eat the Rich)』(1993年発表の第16作目『ゲット・ア・グリップ (Get a Grip)』収録)などがある。
CMソングやテレビ番組の主題歌への起用も多く、現在日本ではソフトバンクモバイルのCMソングに2度使われている。キャメロン・ディアスが電話をしながら街を歩くバージョン(2006年)[1]、ハローキティが赤を背景に歩いているバージョン(ロック・キッズのカバー)の2つである。『踊る!さんま御殿』(日本テレビ放送網)のエンディングテーマにも長らく起用されている。
『ドリーム・オン(DREAM ON)』
1973年のデビューアルバム『野獣生誕』からのシングル・カット作。『野獣生誕』は売れなかったもののDream Onのみボストン周辺では高い支持を得ていた。その後再発売され1976年に全米チャート6位まで上昇した。スティーヴンの声が現在と全然違うため、驚く人は多い。後に、この曲のライヴ・ヴァージョンが映画『ラスト・アクション・ヒーロー』のサウンドトラック盤に提供された。Xboxで発売されているテクモの3D格闘ゲーム『デッドオアアライブアルティメット』の挿入歌としても使用されている。
『トレイン・ケプト・ア・ローリン(Train Kept A Rollin')』 
『飛べ!エアロスミス』収録。彼らが若い頃から憧れ尊敬している『ヤードバーズ』のカバー曲(その原曲はタイニー・ブラットショーのジャンプ・ブルースナンバー)。カバー曲でありながらエアロスミスの代表曲でもある。アルバム・ヴァージョンでは、前半を16ビートにアレンジし、独自の味を出しているが、ライヴではヤードバーズ版に近いアレンジで演奏されることが多い。ちなみにこの曲でB'zと共演している(2002年日韓FIFAワールドカップに伴うFIFA主催コンサートにて)[2]
『バック・イン・ザ・サドル(BACK IN THE SADDLE)』
初期の代表作『ロックス』のオープニングナンバー。ライブでもオープニングを飾ることが多く、ライブアルバム『Live! Bootleg』『Classics Live II』でもオープニングナンバー、2枚組ライブアルバム『A Little South of Sanity』でもDisc2のオープニングを飾っている。TV番組で挿入BGMとして使われることもある有名なイントロ、スティーヴンのシャウト、ジョーの6弦ベースによるベースラインが特徴的な初期の代表曲の一つ。
『ドロー・ザ・ライン(Draw the Line)』
1977年発表のアルバムタイトル曲。バンドの正に絶頂期の頃の作品。ジョーのスライド・ギターが全面に冴え渡る、ライブでの定番曲。曲の中間部のインプロ後にスティーヴンのかなり高音で、なおかつ長いシャウトが聴ける。一見すると、いかにも喉を消耗しそうな声だが、ライブでも欠かさず披露している。(似たような発声は「dream on」の後半部などでも見られる。この発声はスーパーヘッドボイス、あるいは極高声といわれる声種を利用していて、ソプラノが最高音域部で用いる出し方に近い。これをフェイクのみでなくフレーズにも用いるのは、氏の目立った特徴である。またその声種がハーモニクス(奏法)とも呼ばれるため、日本のファンの一部からは(やや誤訳のきらいがあるが)「倍音シャウト」と呼ばれている。)
『デュード(Dude(looks like a lady))』
1987年発表の『パーマネント・ヴァケイション』収録。スティーブンの独特な連続シャウトが象徴的なエアロらしい強力なロックで、アルバム第一弾シングルとして復活ののろしを上げた。1987年に全米16位を獲得した。
『エンジェル(Angel)』
1987年発表の『パーマネント・ヴァケイション』収録。エアロスミス復活の一役買った曲でもある。1988年に全米3位を獲得した。
『ジェイニーズ・ガット・ア・ガン(Janie's Got A Gun)』
1989年発表の『パンプ』収録。エアロスミス初のグラミー賞受賞曲で、ライブの定番の曲である。全米4位を記録。
『ワット・イット・テイクス(WHAT IT TAKES)』
『パンプ』の収録曲。全米チャート9位。[3]
『エレヴェーター・ラブ(LOVE IN AN ELEVATOR)』 
10thアルバムパンプからのシングル作。全米チャート5位を記録。3分に及ぶ中間部のインプロビゼイションが特徴。
『フォーリング・イン・ラヴ(Falling In Love)』
1997年発表『ナイン・ライヴス』からの先行シングル(全米チャート35位)。収録アルバムの『ナイン・ライヴス』は全米チャート1位を記録。
『ミス・ア・シング (I DON'T WANT TO MISS A THING)』[4]
映画『アルマゲドン』の主題歌。1998年に全米4週連続1位を獲得した。初の全米1位を獲得した曲であるが、彼らのオリジナルの曲ではないため残念に思うファンは多い。作品を手がけたのは、セリーヌ・ディオンなどを手がけているダイアン・ウォーレン。1998年アカデミー賞の「主題歌賞」ノミネート。PVは映画「アルマゲドン」の映像を所々使用している。リヴ・タイラーも出演し、クライマックスシーンである通信での父と娘の最期の会話シーンがPVの最期に再現されており、スティーヴンとリヴという本物の親子が演じている。(映画ではブルース・ウィリスとリヴ。)
『ジェイディッド(Jaded)』[5]
2001年発表の『ジャスト・プッシュ・プレイ』収録。全米7位。キャッチーなサビが大好評。2004年にはコカ・コーラのCMにも起用されている。映画並みにつくられたプロモーションビデオも、話題を呼んだ。
(※文中の最高位はビルボード(Billboard)誌によるもの)


アルバム作品 [編集]
『ROCKS/ロックス』
1976年発表のアルバム。歴史的名盤といわれている一枚。初の全米トップ10入りを果たした(最高3位)。
『PUMP/パンプ』
1989年発表のアルバム。再結成後の彼らがようやく自分たちを取り戻したような傑作。『エレヴェーター・ラブ(LOVE IN AN ELEVATOR)』が大ヒットする。
『GET A GRIP/ゲット・ア・グリップ』
1993年にリリースされたアルバム。一度完成したマスターテープを棄ててまで再完成させたアルバム。それだけのクオリティに拘っただけのことはあり全世界で1000万枚以上のモンスター・ヒットを記録し、エアロスミスでは初となる全米1位を獲得した。
『BIG ONES/ビッグ・ワンズ』
1994年リリースのベスト・アルバム。ゲフィン・レコード在籍時代にリリースされた4枚のアルバムから選曲されている(但し、『DONE WITH MIRRORS』(1985年)からは敢えて選曲されていない)。ブルース・フェアバーン(Bruce Fairbairn)がプロデュースした、第2期黄金時代の名曲を揃えつつ、マイケル・ベインホーン(Michael Beinhorn)がプロデュースした2曲の新曲を収録。さらに、日本発売盤ではボーナス・トラックが1曲追加されている。
  収録曲:01. 『Walk on Water』、02. 『Love in an Elevator』、03. 『Rag Doll』、04. 『What It Takes』、
  05. 『Dude (Looks Like a Lady)』、06. 『Janie's Got a Gun』、07. 『Cryin'』、08. 『Amazing』、
  09. 『Blind Man』、10. 『Deuces are Wild』、11. 『The Other Side』、12. 『Crazy』、
  13. 『Eat the Rich』、14. 『Angel』、15. 『Livin' on the Edge』、16. 『Dude (Looks Like a Lady) [Live]』
このうち、01と09がマイケル・ベインホーンのプロデュースによる新曲。16が日本発売盤のボーナス・トラック。

日本公演 [編集]
1977年
1月29日 群馬県スポーツセンター
1月31日 日本武道館
2月1日 名古屋市民会館
2月4日 福岡市九電記念体育館
2月6日 京都会館第一ホール
2月7日 大阪フェスティバルホール
2月9日 日本武道館
1988年
6月17日 名古屋市公会堂
6月20日 大阪城ホール
6月21日,23日,24日 日本武道館
6月26日 横浜文化体育館
1990年
9月10日 横浜アリーナ
9月12日 大阪城ホール
9月14日 愛知県体育館
9月17日,19日,20日 日本武道館
9月22日 国立代々木競技場第一体育館
1994年
4月27日 横浜アリーナ
4月29日,30日 大阪城ホール
5月3日 広島サンプラザ
5月4日 福岡国際センター
5月6日 名古屋レインボーホール
5月7日,9日,10日,12日,13日,16日,17日 日本武道館
1998年
3月1日・ナゴヤドーム
3月3日・大阪ドーム
3月5日・福岡ドーム
3月8日,9日・東京ドーム
3月12日,14日・横浜アリーナ
1999年~2000年
12月30日,31日~1日(カウントダウン・ライブ)・大阪ドーム
1月2日・ナゴヤドーム
1月4日・福岡ドーム
1月6日,7日・東京ドーム
2002年
1月25日,26日・大阪ドーム
1月29日・福岡ドーム
1月31日・ナゴヤドーム
2月2日,3日・東京ドーム
「2002 FIFA WORLD CUP OFFICIAL CONCERT INTERNATIONAL DAY」
6月27日・東京スタジアム(現・味の素スタジアム)B'zと競演。
2004年
7月10日・札幌ドーム
7月13日・大阪ドーム
7月17日・ナゴヤドーム
7月20日・東京ドーム
7月24日・横浜国際総合競技場"THE ROCK ODYSSEY 2004"
7月25日・大阪ドーム"THE ROCK ODYSSEY 2004"

その他 [編集]

ディズニー・MGM・スタジオのロックンローラー・コースタールックスからしばしばローリング・ストーンズと比較されるが、ビートルズの影響が強いことは本人たちも認めている。「カム・トゥゲザー」を始め数曲をカバーしている。また「リヴィング・オン・ジ・エッジ」を作曲している時に部屋にジョン・レノンが降りてきたとスティーヴンが語っている。
ナイン・ライヴスの初期ジャケットは、一部ヒンドゥー教徒の反感を買うデザインだったため、現在のデザインに変更された。元は猫の頭をした女性が多頭の蛇ヒュドラの中央で踊る物であった。(→参照 Nine Lives (英語) 変更前後のデザインが確認できる。)Nine Livesは"a cat has nine lives"(猫には九つの命がある)の故事から来ている。
アメリカのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内のディズニー・MGM・スタジオに彼らをモチーフとしたアトラクション、ロックンローラー・コースターがある。
エアロスミスはレッドソックスの応援団を自任しているほどのボストン・レッドソックスファン。

関連項目 [編集]
レッド・ツェッペリン
ヤードバーズ
ローリング・ストーンズ
ビートルズ
キッス
クイーン

外部リンク [編集]
ウィキメディア・コモンズには、エアロスミス に関連するカテゴリがあります。本国公式サイト
本国公式ファン・クラブ
日本公式ファン・クラブ
ソニーミュージック内公式ページ
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%82%B9" より作成
カテゴリ: ロック・バンド | アメリカ合衆国のヘヴィメタル・バンド | ハードロック | グラミー賞受賞者 | ロックの殿堂 | コロムビア・レコードのアーティスト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



フリーエリア



各種ブログランキング

ブログランキングです。ぜひご協力ください。

人気ブログランキングへにほんブログ村 高校生日記ブログ 男子高校生へブログランキング【くつろぐ】













検索フォーム







管理メニュー



FC2カウンター



フリーエリア



Copyright © カルチャールーム All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。